防犯のためにも時間を稼ぐ鍵

3月 18th, 2013

空き巣などの犯罪者についてなのですが、建物の中に入るまでの時間というものがあるのです。その建物の中に入るまでの時間についてなのですが、あまり時間がかかってしまいますと通報されてしまうリスクも高まりますし、誰かに見られてしまうこともあり得るのです。そういったことはしっかりと避けていきたいと思っている犯罪者も多くなっているということは当然な事といえるでしょう。そのような防犯についてなのですが、時間については一定の基準があります。これは統計に取られている事ですので、かなり信憑性があります。実際に家宅侵入などの罪を犯したかなについてなのですが、侵入できるまでに5分以上かかるとあきらめる傾向がものすごく高まるようになっているのです。ですので、それを考えますと、いかにして5分間は犯罪者を家の中に入れないようにするのか、ということが大事であるということがよくわかるでしょう。その5分間という数字なのですが、主に役立ってくれるのが鍵なのです。主に犯罪者もその鍵を開けるために時間を使います。鍵を開ける時間が5分未満だと犯罪にあってしまいまして、5分以上守り抜けば犯罪から逃れられる、というようないい方もできるでしょう。では、鍵で5分間守り抜くということですが、一つの鍵ではなかなか難しいものです。犯罪者というものはかなり手際が良いこともあります。そういった場合には、あっという間に開錠されてしまいます。一つの鍵に1分もかからないことも報告されているのです。ですので、できれば玄関などは二つの鍵を利用していくということです。二つの鍵を利用することで結果的に鍵を開けるのに2倍の時間がかかります。そしてお勧めになるのが、その二つの鍵の種類は違うものにするということです。同じものですと、あっという間に二つとも開けられてしまうこともあります。違う種類をカギを使うことで、時間をさらにかけさせてやるようにしていくべきです。鍵の専門店に行けばいろいろな鍵が販売されていますので確かめてみましょう。